肥厚性幽門狭窄症で8ヶ月まで首がすわらなかった息子。今はすっかり元気に。以来、育児と趣味と節約を兼ねたものづくりの日々。元気いっぱいの息子と作ったいろんなものをご紹介!また、息子の病気の話や乳頭混乱克服の軌跡、育児ノウハウも発信中。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は、はみがきの話。

はみがき。
大変ですよね。

1歳半から2歳前後の頃は、噛まれたり引っ掻かれたり。
1日3回、次はどの手でいこうかと
そればかり考えていた時期もありました。

すんなり磨かせてくれるときは
そのまま普通に磨きましたが、
抵抗したときはこんなことをしてやり過ごしました。

①鏡をもたせる
(ただし、効力がなくなるので普段はしまっておき、
 見られないようにする)

②歯ブラシを数種類用意して、選ばせる
(自分が選んだ歯ブラシだと、
 すんなり磨かせてくれることが多い)

③子どもにも歯ブラシをもたせ、磨きっこする。
(ときどき喉の奥の方をブスッと
 さされることがあるので注意!)

④子どもの口を見て、ちょっと驚いた感じで
「あれ?なんだろう?」と言って口を開けさせる。
「お口の中に何かいるよ。あ、ゾウさんだ。
 あ、こっちの奥にはキリンさんもいる」など、
 子どもが好む動物やキャラクター、
 家族や友だちの名前で気を引き、
 適当な「お口の中の物語」をつくってきかせながら磨く
(「今日はお口の中に何がいるかなあ?」などと
 ききながらやるのもよい)

⑤歯みがきの歌を歌いながら磨く
(子ども向け番組の歌でもよいし、
 適当につくった歌でもよい)

⑥「歯磨きしないとこちょこちょの刑だぞ~」
 とくすぐって気分をもりあげる
(この手は、歯みがき以外でも結構使っている)

⑦「歯磨きしないと、もうゼリーもプリンもヨーグルトも
 ミカンもたべられなくなるよ」と脅す(笑)
(これは最終手段。どうしようもなく急いでいるときや、
 他に手がないときに)

あとは、普段から歯磨きをテーマにした絵本や遊びを
楽しんでおくというのも有効でしたね。
(絵やぬいぐるみ、人形の歯磨きをさせてみるとか)

いろいろと大変だった歯みがきですが、2歳半くらいになると
「さっき、はみがきしなかったよね」
「はみがきしないとね」
などと、自分から催促するように。

今、まさに大変な思いをされているみなさん。
やまない雨はありません。
もうしばらくの辛抱です。

お子さんの好みや興味にあわせ、
できるだけ遊びの感覚で、ね。

追記
CMサイトの親子チャンネルに、「はみがきのうた」があります。
息子(3歳3ヶ月)に見せたところ、最初から最後まで、食い入るように見てました。
無料で見れるので、安心してのぞいてみてください。

スポンサーサイト
本日は、息子の髪を切る方法をご紹介します。

節約好きな私。
息子の髪は当然、私が切っています。

とはいっても、動き回る息子に手こずってばかり。
その仕上がりのひどさに、
主人からは「それはないだろう」と言われていました。

ところが、今年に入って結構うまくカットすることができるように。
その秘密はなんと、大きめの封筒!

これを添えるだけで、仕上がりが段違いによくなるんです。

sanpatsu_1.jpg

こういう風に封筒を添えて、
ヘアカット用のハサミで切ると・・・

sanpatsu_2.jpg

こんな感じに。
切った髪も封筒におさまり、片付けもラクラク。

切りたい部分をすくい入れる感じにして、封筒をあてるのがコツです。

ぜひ一度、お試しください!
 
FC2ノウハウにも掲載されています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。