肥厚性幽門狭窄症で8ヶ月まで首がすわらなかった息子。今はすっかり元気に。以来、育児と趣味と節約を兼ねたものづくりの日々。元気いっぱいの息子と作ったいろんなものをご紹介!また、息子の病気の話や乳頭混乱克服の軌跡、育児ノウハウも発信中。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年9月21日(息子は3歳3ヶ月)、
息子がアイスノンの上に、輪ゴムと紙の切れ端で描いた絵です。

20100921_ice_kuma.jpg
クマがシャボン玉をしているところ。

あまりにかわいい発想だったので、
母、胸キュンしました。
 
スポンサーサイト
本日は、息子が描いた絵の紹介です。

まずは、「息子初!父の絵」。

oto0618.jpg

描いたのは2010年6月18日(息子は3歳ちょうど)。
主人はよく、寝転がってパソコンで調べ物をしています。
その様子を描いたということです。

次は、おじいちゃんの絵。

jityan0610.jpg

6月10日に描きました。
いつも、車に乗って会いに来るので、車も描いたそうです。

次がなんと、息子(左)と私(右)。

musuko_oka.jpg

描いたのは6月19日。
庭で、草取りと水やりをしているところとのこと。
手づくりのレールに描き込みました。
私を描いてもらったのはこれが初めて。
とても嬉しかったのですが、夜、もう一枚母の絵を描いてくれました。

oka.jpg

母もリアルに描かれていてびっくりですが、
食器棚の上の電子レンジが写実的で驚かされました。

次は札幌ドームで野球を見たときのことを思い出しながら描いた絵です。
描いたのは、5月25日(息子は2歳11ヶ月)。

IMG_4148.jpg

おまけで、こんなものも。

IMG_4149.jpg

次の作品は5月・・・何日だったかは、わからなくなってしまいました。
とりあえず、息子が2歳11ヶ月のときの作品ということは間違いありません。

201005.jpg

エネルギーいっぱいの二つの太陽、「おひさまちゃんさん」と「たいようさんちゃん」。
そして、地球が生まれてくるところ。

続いて、テーブルの上のボックスティッシュと母のメガネ。

megane.jpg

5月25日、イチゴとリンゴ、それから、衝撃のアンパンマン。

20100525.jpg

主人は、目と鼻に違いないと言い張っていましたが、
息子本人に確認したところ、目と口ということでした。

続いて、5月28日に描いた宇宙船。
ガオガオさん(しまじろうシリーズの登場キャラクター)が
宇宙船の船長だったという話が印象に残ったようです。

20100528utyusen.jpg

ショベルカーの持つところも気に入っているようで、よく描いています。

6月3日、私のモチーフ用のブドウをひっぱり出してきて、スケッチ。

20100603budou.jpg

ブドウの実と葉が、楽しいリズムを感じさせる作品です。

次は6月15日、3歳健診の受付のときに描きました。

20100615.jpg

ハシゴ消防車です。
保健センターのみなさん、褒めてくださり、息子も上機嫌でした。
(・・・が、検査は体重測定から号泣&大暴れ。ご迷惑おかけしました)

最後は・・・2歳のときということは間違いないと思うのですが、
正確な日にちは忘れてしまいました。
オイルパステルで描いています。

2010_fuyu.jpg
今回は、絵描き歌を覚えた息子の絵の紹介です。

描いたのは5月11日(息子は2歳11ヶ月)。
息子の絵描き歌ブームは、去年の秋ごろから続いています。
絵描き歌らしい歌を口ずさみながら、
何やら絵を描いている、というのは何度も見ていました。
でも今回は何を歌って何を描いたか、一目でわかったのです!

さて、みなさまにもわかりますか?

IMG_3989.jpg

ちなみに頭の上のわっかは、絵描き歌とは別に描いたレールです。

ついでに翌日の5月12日の愛車のスケッチもご紹介。

IMG_4028.jpg

これが息子の愛車です。

IMG_4029.jpg

で、スケッチがこれ。
ハンドル、ライト、タイヤ、手押しの部分、イスがフタのように開くところを
画面の中に忠実に描きとめています。

抽象画から具象画に転向する気かもしれません。
今回は、息子が筆で描いた絵の紹介です。

息子がはじめて絵筆を握ったのは、
今年の1月15日(息子は2歳7ヶ月)。
それまでにもペンや色鉛筆などでは
いろいろ描いていましたが、
絵筆を握らせてみたのはこれがはじめてでした。
義兄に頼まれて、私が絵を描いているのを見て、
案の定、自分もやりたいとせがんできた息子。
原案づくりの状態での失敗作を渡し、
絵筆を握らせてみました。

IMG_3905.jpg

結構几帳面に塗っています。

・・・で、次の作品はおよそ2ヶ月後、
3月15日(息子は2歳9ヶ月)の作品です。

私が公募展(示現会)用の作品制作に取り組んでいると、
案の定、自分も自分もとせがんできました。
そこで今度は小さめのではありますが、
キャンバスに描かせてみました。

IMG_3896.jpg

自由かつ大胆に描かれた見事な抽象画
しつこく練りこむようにキャンバスに塗りこまれた色が、
力強く繊細な味わいを見せています。

・・・というのは親バカすぎ?

主人に見せたら、やはり親バカで、
カンディンスキーよりいいんじゃないか?」
と言ってました。

ちなみに義兄に頼まれた私の絵は、
こちらで見ることができます。
小道記 プラネタリウム解説用のイラスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。