肥厚性幽門狭窄症で8ヶ月まで首がすわらなかった息子。今はすっかり元気に。以来、育児と趣味と節約を兼ねたものづくりの日々。元気いっぱいの息子と作ったいろんなものをご紹介!また、息子の病気の話や乳頭混乱克服の軌跡、育児ノウハウも発信中。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日ご紹介するのは「鼻息ブタさん」。
つくったのは2010年4月4日(息子は2歳9ヶ月)。
もともとただのケチャップの空き容器でシュッシュッと空気を出して遊んでいたのですが、
ちょっと思い立って顔をつけてみました。

☆用意するもの
マヨネーズやケチャップの空き容器
色のついた紙(耳・目や口などのかたちに切り取る)
セロテープ(紙の保護をかねるので太いものが便利)

IMG_3740.jpg


「やっと顔ができたブー」

IMG_3741.jpg

フタのフタ(?)の部分はカッターで切り取りました。
スポンサーサイト
本日ご紹介するのはヨーグルトの空き容器のシャワー。
つくったのは2010年5月6日(息子は2歳10ヶ月)。

2年くらい前から、いろいろな開き容器を
お風呂のおもちゃとして使わせていました。

IMG_3969.jpg

水車と手おけだけ、既製品。
カメの水鉄砲とカエルのおもちゃも
買って使っていたのですが、1、2ヶ月でこわれました。
が。
ペットボトル。
ボディソープの袋。
蜂蜜の空き容器の先っぽ。
洗剤の計量スプーン。
ミルクの計量スプーン。
これらはまったく壊れることなく、
そして息子も飽きることなく遊んでくれています。

で、ジョウロも買ったのがあるのですが、
昨年の夏、外遊び用にしてしまいましたし、
水の出方がよくないという不満がありました。

そこで、なにかジョウロやシャワーのようなものを
つくってあげたいなあとつねづね考えていたのですが、
お風呂を出ると忘れてしまうもので、
一年も経ってしまいました。

しかしながらこのたび、
外遊びができるようになったおかげで、
部屋にいるときに「つくってあげよう」と
思い立つに至りました。

何を使ってつくろうかなあと考えましたが、
3年前から活躍の場を求めていた
ヨーグルトの空き容器群を発見。
洗いやすさと口の広さと安定感とでこれに決定しました。

☆用意するもの
ヨーグルトの空き容器
針状のもの

IMG_3968.jpg

容器の底の角の所に2個ずつ穴をあけます。

IMG_3963.jpg

下から見るとこんな感じ。

で、水を入れると・・・

IMG_3964.jpg

大成功!
いい感じに水が噴き出します。

実は、穴をあけるベストな場所をさがし求めて
4個くらい失敗しています。
で、浴槽のヘリに置けて、
水がしゅわーっと効率よく出てくるのはここかなあと。

ペットボトルと違い、ヨーグルトの容器は口も広いので、
中におもちゃを浮かばせることもできます。
穴をあけるだけということで、とても簡単につくれますし、
ぜひ、一度お試しください。
今日は、ゼリーの空き容器で作った糸電話の紹介です。

作ったのは2010年6月4日(息子は2歳11ヶ月)

☆用意するもの
カップ状の空き容器 2個
バッグ・クロージャー 2個


IMG_4213.jpg

カップの真ん中に針状のもので穴をあけて糸を通し、
その糸が抜けないようにバッグ・クロージャーをつけました。

IMG_4212.jpg

気に入ったようで、翌日、主人とも「もしもしー?」

IMG_4210.jpg

「なにしてるんですかー?」
「電話してるんですよー」
とても楽しそうに遊んでくれました。
ご訪問、ありがとうございます。
実はこのたび、カウンターが2000を突破しました。
嬉しいので今日も更新させていただきます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回は、ヤクルトの空き容器もしくはそれに似た空き容器(以下、ヤクルトの空き容器)でつくる
ものすごく画期的なおもちゃのご紹介。
名づけて「いろいろあそ棒」。
ヤクルトの空き容器を二つ、ビニールテープでとめただけなのに、何通りにも遊べるんです。
特許を出願したいくらい!(←ほんのジョーダンです)

つくったのは9月6日(息子は3歳2ヶ月)。

☆用意するもの
・ヤクルトの空き容器4個以上(12個以上あるのが理想)
・ビニールテープ

まず、ヤクルトの底と底を合わせてビニールテープでくっつけます。

yakult_4.jpg

こんな感じ。
で、同じものをあるだけ作ります。

すると・・・

yakult_5.jpg

ボーリングのピンになります。

yakult_6.jpg

積んで遊ぶこともできます。

yakult_7.jpg

高いタワーもつくれます。

この他にも、

小さな赤ちゃんなら転がして遊んだり、
楽器のようにたたいてみたり、
容器の口にふうと息を入れて音を楽しんだり。

いかがでしょう。
ぜひ、お試しください!
 
本日ご紹介するのは「マリオネット」。
つくったのは6月25日(息子は3歳)。

教育テレビの「つくってあそぼ」を見ていたところ、
去年も見たマリオネットが!
それを見ていた息子が
「あれ、つくろ。あれ、つくろ」と言ってきました。

今回の「あれ」は、くつしたマリオネットのへびさんではなく、
カップ麺の空き容器でつくる宇宙人マリオネット。
風邪がなおりかけていたとはいえ、まだ体調不良だった私は、
「えー、でも、カップ麺の空き容器がないんだよねぇ」と言って断ろうとしました。
すると・・・
「これでつくればいいんだよ」と言って、
ダンボール冷蔵庫から息子が取り出したのはゼリーのカップ。

すばらしい創作意欲に感動した私。
頑張ってつくらせていただきました。

☆用意するもの
ゼリーやプリンのカップ 3つ
わりばし


折り紙など(宇宙人の目や口)
ビニールテープ(わりばしから糸がはずれないように巻く)

cup_marionnette01.jpg

結構かわいい宇宙人ができました。
ゼリーのカップでつくったため、
動かすたびにコツコツ楽しい音がします。

cup_marionnette02.jpg

カップの内側はこんな感じ。

初めは、カップから糸が抜けないようにしようと
バッグ・クロージャーを取り出したのですが、
鈴のようにカチカチと音が鳴るようにした方がいいかなと思い立ち、
そういう風につけてみたらこれまた楽しい感じに。

思わぬことから、「楽器マリオネット」となりました♪
本日は「くす玉」を紹介したいと思います。

つくったのは5月4日(息子は2歳10ヶ月)。
かんたん!遊べる!ビックリ工作
を見てつくりました。


☆用意するもの
カップ麺の空き容器3つ
糸・紐
リボン(くす玉から出てくる飾り)
色紙(容器に貼る)
のり・セロテープ

IMG_3945.jpg

かなりいろいろやったのですが、
どうしても少し開いてしまいます。
くす玉の調整は難しいですね。
まあ、息子も待ちきれない様子で待っていることだし、
よしとしましょう。

IMG_3943.jpg

「いいよ」と言ったら、すぐ受け皿に
おもちゃを入れ始めました。

すでにくす玉は開いています。

IMG_3944.jpg

が、さらに思いっきり引っ張る!

んー。
GW中、壊れることなく、もってくれるだろうか・・・
と心配していましたが、GWの終了とともに壊されました。

ちなみに制作途中でも一度壊されています。

ところでこのとき、息子は
「ねえ、みて。クリスマスがうまれてくるの」
と言って、くす玉を割っていました。

なんて可愛い発想!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。