肥厚性幽門狭窄症で8ヶ月まで首がすわらなかった息子。今はすっかり元気に。以来、育児と趣味と節約を兼ねたものづくりの日々。元気いっぱいの息子と作ったいろんなものをご紹介!また、息子の病気の話や乳頭混乱克服の軌跡、育児ノウハウも発信中。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前、バッグ・クロージャーを紐通しとして使ってみたとき、
もう少したまったら、ヘビとか新幹線にしてしまおうと考えました。

で。
なかなかいい感じの量になったので、2010年10月22日、やっちゃいました。

☆用意するもの
大量のバッグ・クロージャー
ビニールテープ


まず、バッグ・クロージャーを重ねて、ビニールテープでとめます。
20101022_1.jpg
こんな感じ。
このとき、穴の形・大きさは同じものでつくった方が、
紐通しとしては使いやすいと思います。

また、ビニールテープを使うのは3面だけにします。
20101022_2.jpg
こんな感じ。

なぜかというと・・・
20101022_3.jpg
このように、写真立てとしても使えるからです。

ちなみに。
このペンギンの親子の絵は、小道記の方で紹介しています。(親子ペンギン

20101022_4.jpg
こうして見ると、かなりの量のバッグ・クロージャーですね。

で、そんな感じのモノを3つ作り、窓をつけ、紐を通してみました。
20101022_5.jpg
紐を通すのも、窓をつけるのも息子が手伝ってくれました。

20101022_6.jpg
なかなかしっかりしたつくりです。

20101022_7.jpg
「トンネルくぐります!」
息子は大喜び。

で。
喜びついでに、息子がさらなる活用法を発案。
20101022_8.jpg
じゃーん!
なんと、積み木として活用。
マンションをつくりました。

バッグ・クロージャーって、たくさんためると結構使えるものですね♪
あ、でもこんなにためる人もまず、いないか・・・

さて。
バッグ・クロージャーをこんなに集めることはできないけど、
「電車の紐通しのおもちゃはつくりたい!」 
という人は、こちら↓へ!
電車のひも通し」(びーちゃんの「手作りおもちゃで子育て」)
 
スポンサーサイト
本日は、「バッグ・クロージャーの紐通し」のご紹介です。
(※バッグ・クロージャーというのは、
 パンの留め具のことです)

「これはきっとなにかに使える」
そう思って、とっておいたバッグ・クロージャー。
でもほとんどなんにも使えないまま、
5年くらいため続け・・・

3日前、2010年5月11日。
掃除中に箱をあやまって落とし、バラバラに。
息子が拾うのを手伝ってくれたのですが、
「これ、使っていい?使っていい?」
相当、気に入った模様。
「今日はもう寝る時間だから、明日ね」
そういいきかせ、息子が寝た後、ネットで検索。
1年くらい前にもネットで検索したことがあったのですが、
これ!といった使い道は発見できず・・・
改めて調べてみるも、相変わらずな感じでした。

で。
翌日、5月12日。
10個くらいを息子に渡し、どうするのか眺めていると、
1個のバッグ・クロージャーに
4個のバッグ・クロージャーをはめたのを2個つくり、
「ほら、タンバリン!」
・・・私にもひとつ、くれました(笑)。

さてさて、そのときの息子の様子・・・
一所懸命、バッグ・クロージャーにバッグ・クロージャーを
はめている息子の様子を見て思いつきました。
「紐通し」の知育玩具です。
息子もおもちゃ屋さんでやったことがあったのですが、
それにぴったり!
さっそく良さげな丸紐を探し出し・・・

☆用意するもの
バッグ・クロージャー(多いほどよい)
紐(バッグ・クロージャーの穴に通せる太さ)

IMG_4012.jpg

「またバラバラになると困るから、
 紐に通してまとめておこうか?」
といってみたところ、嬉々としてやり始めました。

IMG_4013.jpg

「したにいきまーす」

紐を縦にして振ると落ちてくる。
そんなところも楽しいみたいです。

IMG_4014.jpg

「まだまだあるなあ・・・」

IMG_4021.jpg

両手を勢いよく広げると、「ぶんぶんゴマ」みたいに。

IMG_4027.jpg

とりあえず、完成(?)。
3分の2くらいは息子が通したものです。

この後、
「へびさんだよ」
「しんかんせんだよ」
と言って遊びはじめました。

もう少したまったら、
本格的にヘビや新幹線にしてしまおうかな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。