肥厚性幽門狭窄症で8ヶ月まで首がすわらなかった息子。今はすっかり元気に。以来、育児と趣味と節約を兼ねたものづくりの日々。元気いっぱいの息子と作ったいろんなものをご紹介!また、息子の病気の話や乳頭混乱克服の軌跡、育児ノウハウも発信中。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
予告通り、今日は「簡単!おいしい!パンの耳の大量活用レシピ」の紹介です。

主人が、いつも持っていく「サンドでパンだ RE-182」でつくったサンドイッチ。
パンの耳が大量に出てしまうのが難点。
ネットであれこれ調べて、いろいろ試しました。

パン耳でフレンチトースト
パン耳でラスク
パン耳でガーリックトースト

でも、どれもこれもなかなか大量消費とはいかない。

ところが。
いろいろ試すうちに行きつきました。
その名も「パンの耳でなんちゃってピザ」。

☆用意するもの
アルミホイル
パンの耳
ツナ缶
とろけるチーズ
トースター

①アルミホイルをトースターが許す限りの大きさに切ります。

②アルミホイルの上にパンの耳を隙間なく敷き詰めます。

IMG_4280.jpg

③ツナ缶のツナを汁を切らずにパラパラとのせます。

IMG_4281.jpg

④とろけるチーズをパラパラとのせます。

IMG_4282.jpg

⑤トースターで焼いて完成。
 お好みで胡椒・タバスコなどを振りかけて、お召し上がりください。

最初は、「パンの耳は細長いし食べにくいかなあ」と思ったのですが、
一つ一つ切れているので、むしろ食べやすいんです。
パン耳の処理に困ったときは、ぜひ、お試しください!

具については、トマトやベーコン、ピーマンなどなど、お好みでどうぞ。
ただ、ツナ缶が一番手っ取り早いので、うちではこれをよく作っています。
スポンサーサイト
主人は、いつも「サンドでパンだ RE-182」でつくったサンドイッチを持って仕事に行きます。

で。
なんでもやりたいお年頃の息子は、
サンドイッチづくりも「ぼくがやる!」と言って手伝ってくれることがあります。
今回手伝ってくれたのは、6月8日(息子はもうすぐ3歳)。

まずは電子レンジで食パンを2枚、40~50秒温めます。

IMG_4254.jpg

一枚に具をのせます。

だいたいいつもは照り焼きチキン+チーズなのですが、今回の具はシチューの具。
カレーがあるときは、カレーの具を入れることもあります。

IMG_4255.jpg

もう一枚をのせて、「サンドでパンだ」でギューッ・・・
小さな手で一所懸命押しています。

IMG_4256.jpg

「できた!」

このサンドイッチは息子も大好き。
難点は、パンの耳が大量に出ること。

このパンの耳の大量活用レシピについては、
私のもう一つのブログ「ゆかしかりしかど」の「パンの耳でなんちゃってピザ」をご覧ください。
5月30日、息子がカレーをつくるのを手伝ってくれました。
今日はその報告記事です。

これまでにもレタスをちぎってくれたり、
卵を割ってくれたり、混ぜるのを手伝ってくれたり
ということはありました。

でも息子はもうすぐ3歳。
いろいろやりたいお年頃。

せっかくなので新しいことに挑戦してもらおうと、
玉ねぎの皮むきとピーマンの種取りをお願いしてみました。

IMG_4169.jpg

ものすごく真剣な顔でむいていました(笑)。

ピーマンの種とりは難しかったらしく、
あちこちに飛び散っていました。

IMG_4184.jpg

息子が手伝ってくれたおかげで、無事に完成!

とてもおいしかったです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。