肥厚性幽門狭窄症で8ヶ月まで首がすわらなかった息子。今はすっかり元気に。以来、育児と趣味と節約を兼ねたものづくりの日々。元気いっぱいの息子と作ったいろんなものをご紹介!また、息子の病気の話や乳頭混乱克服の軌跡、育児ノウハウも発信中。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日はおりがみでつくったロケットボーリングを
紹介したいと思います。

つくったのは4月20日(息子は2歳10ヶ月)。
作ろう!あそぼう!!おりがみ169てん―すぐできて、すぐ遊べるおりがみがいっぱい (レディブティックシリーズ (1714))
をみてつくりました。


☆用意するもの
おりがみ
のり(使った方が、きれいに仕上がると思います)

IMG_3837.jpg

本には「ビー玉やスーパーボール」で
遊ぶと書かれていますが、
なかなかうまく倒れません。

IMG_3840.jpg

そこで、大きめのやわらかいボールを使ってみたところ、
息子も充分に楽しめました。

折り方、メインサイトの方にUPしました。
よろしければどうぞ→折り紙ロケット
スポンサーサイト
牛乳パックレジスター第2号
2010年5月につくった牛乳パックのレジスター。
なかなか遊べるのですが、
接続部分のテープがはがれてくるという不具合が。

そこで、2011年2月12日(息子は3歳8ヶ月)、
不具合をクリアする第2号を作成。

☆用意するもの
牛乳パック2個
ガムテープ・ビニールテープ・セロテープ

牛乳パックAはこんな感じに切ります。
20111212_01.jpg

牛乳パックBはこんな感じに切ります。
20111212_02.jpg

反対から見ると、こう。
20111212_03.jpg

参考までに、AとBと並べて撮影。
20111212_04.jpg

念のため、もう1枚。
20111212_05.jpg

ペラペラした部分は、コインが滑り落ちるスロープになります。
20111212_06.jpg
このスロープ部分を重ねて、二つの牛乳パックをくっつけます。

続いて、スロープの部分をテープでとめて固定します。
20111212_07.jpg
このとき、スロープ部分や、穴の部分が多少ずれると思います。
テープでとめながら、ハサミやカッターで切るなど、調整してください。

これでもう完成なのですが、
20111212_08.jpg
保護するためと、オシャレにするためとで、ビニールテープをはりました。

20111212_09.jpg
反対側からも撮影。

20111212_10.jpg
1号同様、折りたためます。

20111212_11.jpg
さっそく遊ぶ息子。

20111212_13.jpg
コインを入れると・・・

20111212_12.jpg
いい感じで滑り落ちていきます。

第1号よりずっとよくなりました☆
これから作る人は、ぜひこの第2号をお試しください♪


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
牛乳パックレジスター第1号
本日ご紹介するのは牛乳パックのレジスター。
つくったのは2010年5月10日(息子は2歳11ヶ月)。

いつも買い物に行くスーパーのセルフレジで、
バーコードを読み取ったり、
お金を投入したり、お釣りをとったり。
息子は楽しくお手伝いをしてくれます。
そして、家でもお買いものごっこが大好き。
いろいろな隙間をみつけては、
おもちゃのお金を投入。
それならばと、
牛乳パックでレジスターをつくってみることに。

☆用意するもの
牛乳パック2個
ガムテープ・ビニールテープ・セロテープ

IMG_3994.jpg

とりあえず牛乳パックむき出しの状態。

IMG_3995.jpg

裏はこう。

IMG_3997.jpg

上の穴にお客さんが代金を入れると、
お金は斜面を滑りおりて下の受け皿に入ります。
そこで店員さんが真ん中の穴にお釣りを入れると・・・

IMG_4001.jpg

下からお釣りが出てきます。

IMG_4007.jpg

遊び終わったら、たたんでしまえます。

見てくれを少しばかりよくしようと
ビニールテープ等、貼ってみましたが、
あまりいい見栄えにはなりませんでした。
残念。
本日紹介するのはコンビニ袋でつくる「ウサギ」。
つくったのは2010年10月24日(息子は3歳4ヶ月)。
みいつけた!」でオフロスキーが作っていたものです。

☆用意するもの
コンビニ袋(無地のものがよい)
ゴム
色紙や色テープ

まず、袋に空気を入れてふくらませます。
次に、軽く空気を抜き、持ち手の部分を耳の形になるようしばります。
続いて、ウサギの顔と胴体がわかれるよう、輪ゴムでとめます。
最後に、ウサギの目をつけます。
うちでは、赤のビニールテープをまるく切って張りました。
fukurousagi_1.jpg
じゃーん。

fukurousagi_2.jpg
やや後ろから。

fukurousagi_3.jpg
前にまわって。

これ、なかなか可愛いですよね?
3匹くらいあってもいいかも。
大きい袋でもつくってウサギの親子にしたら、楽しく遊べそうですね♪

あ。
中に鈴を入れるのもよさそう。
鈴が手に入ったら、やってみようっと。 
本日紹介するのは、牛乳パックでつくった「宙ガエル」。
教育テレビの「つくってあそぼ」でつくっていたものです。

作ったのは2010年10月12日(息子は3歳4ヶ月)。

☆用意するもの
・牛乳パック
・輪ゴム

わくわくさんは、発砲トレイで作っていましたが、
私は牛乳パックで。

今回、デジカメ少々不調です。
申し訳ありません。

tyugaeru_3.jpg
これが下からみたところ。
わかってもらえるかな?

牛乳パックの底の部分が本体。

横の部分は、切り込みを入れて輪ゴムをかけるので、
強度を強くする必要があります。
私は長めに切って折ることで、頑丈にしました。


さて。
折って頑丈になった本体の横。
ここに切りこみを2か所ずつ入れます。
で。
2重にした輪ゴムに牛乳パックを切ったものをとりつけて、
本体横の切り込みにひっかけます。
輪ゴムに付けた牛乳パックの切れ端が、
本体とぶつからないように、
本体部分を一部切り取っておくのも忘れないように。

tyugaeru_1.jpg
上の方からみるとこう。

tyugaeru_2.jpg
ひっくり返して横らへんから見るとこう。

tyugaeru_4.jpg
本体上部にカエルの絵をかいて完成。
左目だけ、息子が目を描いてはっています。

ゴムにつけた切れ端部分を反対側にくるりぺったんした状態で床に置き、
手を離すと・・・
カエル本体がくるりぺったんと宙返りをします!

はじめは一回転半して裏返ってしまっていましたが、
ゴムのかけ方を少々修正してみたところ、
一回転して見事に元に戻るようになりました。

結構、楽しいですよ。
お試しください!
2010年9月15日(息子は3歳3ヶ月)に、
折り紙でつくったイヌの箱。
以前、白樺会館の育児サロンで教えてもらいました。

hakoinu_10.jpg
hakoinu_12.jpg
hakoinu_13.jpg
子どもって、箱が大好きですよね。
息子もビー玉を入れてみたり、
ゴムを入れてみたり。

画用紙でつくった方が、丈夫な箱になっていいかもしれません。

「折りたい!」という方は、メインサイトちゃんねる☆ちゃんねるへどうぞ。
折り方を画像つきで紹介しています。
 
本日は、手づくり折りたたみ絵本
「ねぇ、どっち?」(全4P)のご紹介です。
つくったのは2010年5月13日(息子は2歳11ヶ月)。
私は小学生のころから絵を描くのが大好きで、
中学時代には絵本作家兼挿絵画家に
なりたいと思っていました。
で。
その夢を、ものづくり育児で実現しました!(笑)

☆用意するもの
画用紙
セロテープ(保護と製本のため)
ガムテープ(製本のため)

まず、画用紙の表にこんな感じの絵を描きます。
20100513_ehon_1.jpg
20100513_ehon_2.jpg

そして、裏にはこんな感じの絵を描きます。
002.jpg
004.jpg

で、それぞれのページを切り取って、
保護のセロテープを貼って、
左綴じになるようセロテープでくっつけて、
ガムテープを背表紙にして、
右端からくるくると巻くように折りたたんで・・・

IMG_4038.jpg

完成!

「ねぇ、どっちがおおい?どっちがすくない?」
「チューリップが多い、ヒマワリがすくない!」
「え?本当?」








IMG_4039.jpg

「あれ?同じになっちゃったよ!」








IMG_4043.jpg

「あれれ?ヒマワリの方が多かったよ!」

本当は8ページくらいつくりたかったんだけど、
ギブです。
またいずれということで。

ちなみにこちらが絵の方のサイトです。
  みちこ作品館
  小道記(ブログ)
大変!
2010年9月21日(息子は3歳3ヶ月)、息子が可愛がってるトラのJJが、
腕をケガした模様です。
はやく治療しないと!

・・・というわけで、息子が手づくり絆創膏を貼ってあげました。
20100921_JJ_kega_1.jpg
じゃ~ん!

20100921_JJ_kega_2.jpg
「ほらみて。ばんそーこーは ここんところに あながいっぱいあいてるんだお」

20100921_JJ_kega_3.jpg
我が家の名医といっしょに、記念撮影♪

ちなみにJJのケガは3日ほどで完治した模様です。
ご安心ください。
 
2010年10月23日(息子は3歳4ヶ月)、
紙コップで造形活動をしてみました。

☆用意するもの
紙コップ
絵を描く道具

まず、紙コップを用意します。
20101023_kami_cup_1.jpg

こんな感じに切り込みを入れます。
20101023_kami_cup_2.jpg

顔を描くと・・・
20101023_kami_cup_3.jpg
タコさんの出来上がり♪
ん?
左端はイソギンチャクになってる???

おまけのヘビさん。
20101023_kami_cup_4.jpg

紙コップに切り込みを入れるのは、小さなお子さんには難しいかもしれません。
お母さんの判断で、手伝ってあげてくださいね。
 
本日はわりばしでつくったブランコを紹介したいと思います。

つくったのは2010年3月中旬(息子は2歳9ヶ月)。
小峰書店の「わりばしのこうさく (やさしいこうさく)」を見てつくりました。

☆用意するもの
わりばし(わたしは、半分に切ってつくりました)
輪ゴム

牛乳パック(ブランコのイスに使いました。本ではわりばしでつくっています)

IMG_3719.jpg
ミッキーを座らせ、
「ぶらんこ ぶらんこ ぶーらん ぶーらん♪」
と言って揺らす息子の姿を見ると、本当に癒されます。
 
2010年11月19日(息子は3歳5ヶ月)。
息子が突然、絵本を作ると言い出しました。
一緒に作るのかと思いきや、息子は一人で黙々と制作活動。

紙を切るのも、セロテープで製本するのも、
話を作るのも、字らしいものを書くのも、
絵を描くのもすべてひとりでやりとげました。

よろしければ、読んでみてください。
息子の処女作で、タイトルは「キリンさんのおはなし」。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
はじまり、はじまり~
20101119_kirin_ehon_1.jpg
葉っぱが落ちてきました。
とんがりがありました。

20101119_kirin_ehon_2.jpg
そのとんがりは人参でした。
路面電車が来ました。

20101119_kirin_ehon_3.jpg
キリンの背中にぶーぶちゃんが乗りました。
かたつむりさんが遊びに来ました。
それで一緒に遊びました。

20101119_kirin_ehon_4.jpg
人参を入れたお皿がぽんとテーブルに置いてありました。

20101119_kirin_ehon_5.jpg
そしてビクトリアに行き、ジュースを飲みました。
それから、おうちに帰って、セロテープで何か作っています。

おしまい。

文章は、息子が読み聞かせてくれるのを、私がパソコンで記録。
3回読んでもらって、3回ともだいたい同じ文章でした。
支離滅裂な感じもしますが、
本人は、ちゃんと考えて作ってるんだなぁと、感動。
3歳児の創作絵本にしては、なかなかの出来かと思うのですが、
いかがでしたでしょうか。

息子はまたつくると言っていますので、今から楽しみです。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。