肥厚性幽門狭窄症で8ヶ月まで首がすわらなかった息子。今はすっかり元気に。以来、育児と趣味と節約を兼ねたものづくりの日々。元気いっぱいの息子と作ったいろんなものをご紹介!また、息子の病気の話や乳頭混乱克服の軌跡、育児ノウハウも発信中。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は、作品紹介はお休みして、母乳相談室の話を書きたいと思います。
よろしくおつきあいください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
母乳を飛ばしながら、Sさんは言った。
「すごい硬くなってる・・・乳石っていうんだけど、ゴロゴロ出てきますね。
 5、6、7・・・まだまだ出てきますよ。
 ここまでひどいのは、私、はじめてです。
 あ、また出てきた。
 んー・・・
 今回だけで古くなったおっぱいをすべて出し切るのはちょっと無理ですね・・・」

30分近くかかっただろうか。
桶谷式乳房管理法による手技が終わり、Sさんは改めて息子を見て、
「痩せてますけど、元気ですね。足の力なんて、ものすごいです。
 多分、ミルクの足し方が悪かったんでしょうね」
と言った。
そして、授乳やミルクの足し方についての指導をしてもらった。

この日を含め、母乳相談室へは一ヶ月間で5回ほど行くこととなった。
その間に受けた指導の内容は、

・授乳のたびに体重をはかるのはやめるように
・授乳のたびにミルクを足すのはやめるように
・身体を冷やさないように
・ストレスをためないように
・睡眠を十分にとるように
・できれば哺乳瓶を桶谷式の哺乳瓶に変えた方がいい
 
 (桶谷式 直接授乳訓練用 母乳相談室 哺乳びん ガラス160ml

こんな感じだった。

母乳相談室で、私はSさんの手技を出来る限りよく見ておいた。
少しでもはやくおっぱいにたまった乳石をとりのぞき、
少しでもおいしいおっぱいを息子に飲んでほしかったし、
またおっぱいがつまってかたまったときに、
すぐに自分でなんとかできるようになりたかったのだ。

帰宅後、さっそく自分でやってみた。
すると、Sさんのように心地よくとはいかなかったが、乳石はいくつかとれた。
以来、私は一日2~3回、自分でおっぱいマッサージをするようになった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
はじめての母乳相談室から5日後、
息子には目に見えて変わったことがありました。
それは、おっぱいを飲みながら
ゲップをすることが多くなったことです。
「きっと、おっぱいがいっぱい出るようになったからだ」
私はそう思って喜んだのですが、
後日、Sさんに話してみると、
「おっぱいを飲みながらのゲップなんて、
 それはおかしい。通常は考えられないこと」
といぶかしんでいました。
今にして思えば、マッサージのおかげもあって
増えた分の母乳が、逆流症と幽門狭窄の影響で
胃に入りきらずに逆流していたのでしょう。

ちなみに自分でもおっぱいマッサージをしていると話したところ、
「寝てください」
と叱られてしまいました。

哺乳瓶についてはすぐに購入し、1ヶ月ほど使いました。
どうしても哺乳瓶を使う必要がある場合は、
やはりこの「母乳相談室」の哺乳瓶がオススメです。

でも、使わなくてすむなら・・・
スプーンやカップでミルクを与えることができるなら、
哺乳瓶は使わない方がいい
です。
というのも、9月に入って息子は乳頭混乱を起こしました。
そこで私は哺乳瓶を使うことをやめ、
カップでミルクを与えるようになったのです。

母乳相談室へ行ってよかったと思うのは、次のことを学べたことです。

おっぱいはもともと一人ひとり違うもの。
そして、赤ちゃんと一緒につくっていくもの。
赤ちゃんの様子とおっぱいの状態をみながら、
食べていいもの・悪いもの、していいこと・悪いことも違ってくる
スポンサーサイト
本日はおりがみでつくったダルマさんを紹介したいと思います。

つくったのは5月2日(息子は2歳10ヶ月)。
「おりがみランド おりがみ手品」(おりがみ手品 (新・おりがみランド)
をみてつくりました。

☆用意するもの
おりがみ

IMG_3934.jpg


転んでも・・・

IMG_3933.jpg

起き上がります。

IMG_3937.jpg

息子は指にはめて
「ほら、ゆびにんぎょうだよ」
と言っていました。
本日は「くす玉」を紹介したいと思います。

つくったのは5月4日(息子は2歳10ヶ月)。
かんたん!遊べる!ビックリ工作
を見てつくりました。


☆用意するもの
カップ麺の空き容器3つ
糸・紐
リボン(くす玉から出てくる飾り)
色紙(容器に貼る)
のり・セロテープ

IMG_3945.jpg

かなりいろいろやったのですが、
どうしても少し開いてしまいます。
くす玉の調整は難しいですね。
まあ、息子も待ちきれない様子で待っていることだし、
よしとしましょう。

IMG_3943.jpg

「いいよ」と言ったら、すぐ受け皿に
おもちゃを入れ始めました。

すでにくす玉は開いています。

IMG_3944.jpg

が、さらに思いっきり引っ張る!

んー。
GW中、壊れることなく、もってくれるだろうか・・・
と心配していましたが、GWの終了とともに壊されました。

ちなみに制作途中でも一度壊されています。

ところでこのとき、息子は
「ねえ、みて。クリスマスがうまれてくるの」
と言って、くす玉を割っていました。

なんて可愛い発想!
今回は、ダンボールの箱でつくったトンネルの紹介です。

つくったのは、いつだったかなぁ。
1年くらい前だったかなあ。
2年くらい前だったかなあ。

結構長いこと当たり前のようにあったので、
ブログで紹介するのも忘れていました。

☆用意するもの
丈夫そうなダンボール
ガムテープ

IMG_3918.jpg

くぐれます。


IMG_3919.jpg

中では立ちあがれます。


IMG_3925.jpg

いないいない・・・


IMG_3926.jpg

ばあ!


IMG_3927.jpg

トンネルからもばあ!

ダンボールでトンネルをつくるにしろ、家をつくるにしろ、
折りたたんで収納できるようにつくった方がよいです。
そうしないと、
あっという間に部屋がダンボールに占拠されます。
今回は、作品紹介はお休みして、
母乳相談室の話を書きたいと思います。
よろしくおつきあいください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
岩と化した胸は、痛いなどというものではなかった。
腕を少し動かしただけで、
激痛でうめき声をあげそうになる。
しかし、息子にはおっぱい・ミルクを
与えなければならない。
この世のものとは思えぬ痛みに耐えに耐えた。
そして9時になるのを待ち、
市の保健センターに問い合わせの電話を入れた。
すると。

「2、3日、ミルクを足さなくても
 赤ちゃんは大丈夫なものです。
 今日だけでもミルクはやめて、
 とにかくおっぱいをのんでもらってください。
 熱が出たりしたら、すぐ病院へ。
 乳腺炎になったら大変ですから」
と言われた。

そして、母乳相談室へも電話を入れた。
病院から渡されていた用紙には何件か書かれていたが、
この春でやめてしまったとか、予約がいるとか、
そんな感じで、みてもらえるのは
1週間以上先になるという返答ばかり。
最後にあたったSさんが、金曜日に対応できるという。
『4日も後・・・
 でも、一番はやくに診てもらえるのがこの人・・・』
迷った末、私は予約を入れることにした。

おっぱいが岩となった8月6日、
朝7時30分にミルクを50cc足した後、
保健センターのアドバイス通りにミルクを絶ち、
ひたすらおっぱいをし続けた。
泣きわめく息子と痛み続ける胸。
必死に耐えたその甲斐あって、
なんだかひどくボコボコな状態ではあったが、
少しおっぱいがほぐれてきた。
そして痛みもやわらいできた。

夜中0時30分、約17時間ぶりにミルクを70㏄与え、
添え乳を中心に、授乳をくり返して朝を迎えた。
翌朝、幸いなことにおっぱいは岩ではなかった。
でも、石ころがゴロゴロ詰まっているような感じがした。

ミルクを絶った8月6日の夜、体重は3740g。
案の定、減ってしまっていたので、
翌日8月7日は授乳2回につき、ミルクを一回70g。
一日合計280g足した。

8月8日は授乳2回につき、ミルクを一回60g。
一日合計310g足した。

8月9日は授乳のたびに30g。
ただし、ミルクの前だけでなく、
後にもおっぱいをすることにした。
その日、息子の体重は3760gだった。

そして8月10日、私は初めての母乳相談室に向かった。
ミルクとお湯と布おむつとおむつカバーの替えと
着替えを入れたカバンは、
旅行にでも行きそうな大きさだった。
母乳相談室のSさんは、息子を抱っこしたうえに、
大きなカバンを抱える私をみて、
「すごい荷物ですねえ」
と驚いた様子だった。

私はSさんに、出産直後からのことを大まかに話した。
一ヶ月健診のこと、経過報告の電話のこと、
新生児家庭訪問のこと、
うんちが最後にでたのは8月5日だということ。
そして、息子と並ぶ形でベッドで仰向けになり、
はじめての桶谷式乳房管理法による手技を受けた。

Sさんはまず、お湯でぬらしたタオルを私の胸に当てた。
それから、私の胸を前後左右に、
身体全体で、という言い回しがしっくりするような力強さで
動かし始めた。
不思議なことにまったく痛くなかった
痛くないどころか、非常に心地良かった。
温泉に入っているときのような心地よさである。
そしてSさんは、溜まりに溜まった母乳を
天井に向けてピューピューと飛ばし始めた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
このときをはじめとして、
私のおっぱいは何度か岩のようになりました。

おっぱいが岩のようになるのは本当につらかったです。
でも、周囲の人(身内を含む)が
泣いてる息子、指をしゃぶる息子を見て、
「おなかすかせてるんじゃないか。
 かわいそうだから、ケチらずミルクあげたらどうだ」
と言ってくるのはもっとつらかったです。

こっちは病院の指示通りにミルクを与えている。
おっぱいがロクに飲んでもらえなくなって、
しこりもできた。
おっぱいが岩となる激痛にも耐えて頑張っている。
なのになぜそんなことをいうのか。
おっぱいをやめて完全ミルクになれと言いたいのか。

そもそも産後の入院中、病院の看護士さんから、
私のおっぱいはとてもよいと言われていました。
すごくいいおっぱいだから、
自信を持って、完全母乳目指して頑張ってと
応援されていたのです。

自然分娩で息子を産むことができなかった私にとって、
それはとても嬉しいことでした。
自然界にあるものとして、
野性動物として、
おそらくはメスとして、
それはとても誇らしいことだったのです


その母乳育児をあきらめるなんて、どうしてもイヤでした。
もともとおっぱいが出ないということなら
仕方がありません。
でも、母子手帳に書かれた「乳房の状態」は
「授乳に適す」となっているのです。

ここで周りに流されてミルクにいってたまるか!

私はそんな強い気持ちで母乳相談室に向かったのです。
今回は、息子がブロックでつくった「清掃車」の紹介です。

つくったのは4月23日(息子は2歳10ヶ月)。
今回使ったブロックはレゴブロック。

うちにあるのはレゴ 基本セット 基本ブロック(M) 5576(対象年齢4歳)と
レゴ 基本セット 青いバケツ (ブロックはずし付き) 7615(対象年齢5歳)。
基本ブロックは2歳の誕生日に、青いバケツは2歳半のクリスマスのときに与えてしまいました。
もちろん、誤飲には注意しないといけませんが、指先の訓練、想像力の育成、つくる楽しさの実感には大きく貢献してくれています。

☆用意するもの
レゴ基本セットの基本ブロックと青いバケツ

実は「きりんぶーぶ」の完成後、
息子は飽きずにブロックを続けていたのです。
そして。

IMG_3849.jpg

「ねえ、みて」
と言われて振り返ると見てみると、なかなかおしゃれな感じの車ができていました。

IMG_3850.jpg

「かいだんぶーぶだよ。ね。かいだんになっているでそ」
「うわぁ。さっきのキリンもよかったけど、
 これもいいねぇ。 上手につくったね」
と褒めて、一応デジカメでパシャリ。

するとさらに5分後、また
「ねえ、みて」
今度は何だろうとまた見てみると。

IMG_3851.jpg

「おそうじするぶーぶだよ。
 ほら、おうちもきれいになるでそ」

これはなかなかの大作!
でもすぐ壊れそうな気がしたので、あわてて撮影。

そのため、後ろの焼酎のボトルと座布団を
片付けられませんでした・・・(笑)
本日は「つるつるトロッコ」を紹介したいと思います。

つくったのは4月29日(息子は2歳10ヶ月)。
かんたん!遊べる!ビックリ工作
の「ビー玉カーリング」を参考につくりました。


☆用意するもの
牛乳パック(本では丸い空き箱)
ラップ芯(ビー玉より低い高さに切ったもの4つ。本ではペットボトルのフタ)
のり・ボンド・ビニールテープ
ペン・色紙(模様を描いたりつけたりする)
ビー玉4つ

IMG_3904.jpg

裏はこう。

IMG_3903.jpg

ビー玉をタイヤに入れた状態で立たせます。

大きめの箱に入れておき、箱を傾かせると、
トロッコがつるつるっと走り出します。

結構面白いですよ。
本日は、音の出るおもちゃのご紹介です。

まずは「ガラガラ」。
つくったのは5月11日(息子は2歳11ヶ月)。

バッグ・クロージャーの紐通し」でも書きましたが、
バッグ・クロージャーの使い道を模索する日々。
そんなある日、息子がつくってくれた
バッグ・クロージャー・タンバリン。
結構、楽しい音だったので
ガラガラにもいいのではないかと考えました。

で。
かなり前につくった空き容器のガラガラの中身を
バッグ・クロージャーにかえてみました。

☆用意するもの
バッグ・クロージャー(5個くらい)
空き容器
(バッグ・クロージャーが入ればよい。
 うちは、焼酎の空き容器。
 おしぼり入れとしても使用できるすぐれもの)

IMG_4023.jpg

ごめんなさい。
ピンぼけになっちゃいました。

でも、想像通り楽しい音が出ました。

IMG_3988.jpg

ちなみにこれまでは、おもちゃの破片やらなんやら、
いずれ使えるかもとおもったものを、
保管ついでにいれてました。
バッグ・クロージャーもしっかりひとつ、
入れてましたね(笑)。

IMG_3987.jpg

ペットボトルでつくっている人が
多いと思われる小豆のガラガラですが、
私は薬の空き容器でつくりました。
たしか、息子が1歳半くらいのときです。

IMG_3986.jpg

小さい頃ほど、市販のガラガラより、
こうした空き容器のガラガラの方がいいと思います。

あちこちぶつける心配もありませんし、
フタもめったなことじゃ開けられないでしょうし。

(でも一応、フタのところはビニールテープで
 ぐるぐるとしっかりまいておいてくださいね)

さて。
次にご紹介するのは息子作の打楽器。
つくったのは5月15日(息子は2歳11ヶ月)。

以前「コロコロ」をつくりましたが、
足の部分をラップ芯にかえるという改良をしました。
そのため、不要となったかつてのコロコロの足。
例によって捨てられずにとっておいたのですが、
息子が再利用してくれました。

IMG_4081.jpg

ジャーン。

ストローとわりばしを台所から自分でとってきて、
作り上げたのがこれです。

コロコロの足の先端にストローを1本、
中央部分に3本ぶらさげたものを
わりばしでたたいて音を鳴らします。

IMG_4080.jpg

こちらが演奏中。
ノリノリでポニョを歌いながらの見事な演奏でした。
今回は、作品紹介はお休みして、
新生児家庭訪問前後の話を書きたいと思います。
よろしくおつきあいください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
無料の新生児家庭訪問は、
経過報告の電話の6日後、7月の下旬にあった。

その6日の間に、
おっぱいを一回で65㏄飲んでくれたことが
一回だけあった。
単純な私は、
『電話の看護師さんのいう通り、
 おっぱいは大丈夫なのかもしれない』
そう思った。

ただ、新生児家庭訪問の前の二日間、
うんちが出なかったことは心配だった。
それまでで、一日出なかったことはたったの2回。
ほぼ毎日、うんちは出ていたのだ。
しかし、家庭訪問の直前。
大量のうんちが出て、安心した。

来てくれたのは 年配の看護師さんだった。
息子の体重は3605gになっていた。
電話での経過報告の前日と比べて170g増えたわけで、
一日当たり24gの増加である。
「順調に増えてますね」
看護師さんはそういったが、私は『あれ?』と思った。
ミルクの量を増やした直後は
一日当たり40g増えていたのに、
この一週間は一日24gしか増えていなかったのだ。
「ここのところ暑かったせいもあると思いますよ。
 それに体重が増えてくれば、その体重を維持するのにも
 カロリーを使いますから」
看護師さんはそう言った。

うんちが2日間出なかったことも話した。
すると、
「月齢があがってくると、まとめてするようになるんですよ」
と言われた。

生後1週間~1ヶ月」に記した気になることも話した。
そしてしこりのこと、ミルクの足し方についても確認した。
しかし、
「病院の方できちんと診てもらったわけですし、
 私がこう見ていても、とても元気な赤ちゃんです。
 心配いりませんよ。
 しこりは授乳中に、赤ちゃんの手やほっぺで
 ちょっと乳房を圧迫しただけでもできることがあります。
 なるべく触らせないで授乳するようにしてみてください。
 ミルクの足し方は、病院の指示通りにしてください。
 ほしがるようなら、もっとミルクをあげていいですよ」
と言われた。

『電話の看護師さんと同じことを言う。
 やっぱり、病院の看護師さんの言ったことは
 間違ってなかったのか』
私はそう思い込んだ。
そしてこの新生児家庭訪問で来た看護師さんの指示も
そのまま実行してしまった。

まず授乳のスタイルだが、
息子はいつもまるでしがみつくかのように、
痛いくらい乳房をギュッとつかんでいた。
そこで乳房を触らせないために、
タオルで息子の身体を腕ごとぐるぐる巻きにして
抱くようにした。

ミルクも指示通り足し続けた。

すると・・・
当然のことながら、おっぱいはどんどん
飲んでもらえなくなっていった。
一回に飲めるのは、20cc前後。
どんなによいときでも35cc~40ccだった。
それにともない、しこりもどんどん増えていった。

そして、そのしこりの増加に反して、
息子の体重の増えは悪くなる一方であった。

新生児家庭訪問のときに3605gだったが、
一週間後は3750g。
145gの増えで、一日あたり18gの増加。

2日後にまたはかると、3760g。
2日でたった10gしか増えていない。

その翌日は3775g。
1日で15gの増え。

うんちは4~5日に一度というリズムになった。

そして。
8月6日の朝5:00、
私のおっぱいはとうとう岩と化したのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
息子はギュッとされるのが嫌いです。
母としてはかわいさのあまり、
ギュッと抱きしめたくなるのが常ですが、
もうすぐ3歳になる今も、抱きしめると大声をはりあげ、
全力で逃げようとします。

そんな息子を、タオルでぐるぐる巻きにして
授乳をしていた。

右・左・右・左と5分ずつ、
計20分で切り上げる授乳も
息子はさぞかし不満だったでしょう。
しかしタオルでぐるぐる巻きにしての授乳は、
どれほどイヤだったことか。
おっぱいがイヤになるのも当然ですよね。

またこの頃、フットボール抱きでの授乳を
嫌がるようにもなっていました。
体勢がイヤだったのかもしれません。
フットボール抱きだとおっぱいがたくさん出てしまうので、
そんなに飲めないと言っていたのかもしれません。
どちらにせよ授乳というのは、時間もスタイルも、
赤ちゃんがのぞむ形でするのが一番だと思います。

息子が生後3ヶ月で乳頭混乱を起こしたとき、
日本ラクテーション・コンサルタント協会
(NPO法人)に参加している小児科医の先生に
「おっぱいさがし」という方法を教えていただきました。
赤ちゃんも自分も上半身裸になって、ゆったりとイスに座ります。
赤ちゃんの顔を自分の肩のところにくるように縦に抱っこします。
すると、不思議なことに赤ちゃんは自分からずりずりと動き出し、
乳首に吸い付くのです。


おっぱいを吸ってもらうことも大切ですが、
この「おっぱいさがし」はスキンシップにもなります。
うまくいかなくても無駄にはなりません。
ぜひ、お風呂上りにでも試してみてください。
本日は、ブロックでつくったヘリコプターの紹介です。

つくったのは5月12日(息子は2歳11ヶ月)。

今回使ったブロックはレゴ デュプロ 。
いつもの児童館においてあるもので、
どのセットかはわかりませんが、
デュプロでは、「レゴ デュプロ 楽しいどうぶつえん 7618」というのが
人気が高いようですね。

☆用意するもの
レゴ デュプロ

IMG_4031.jpg

ヘリコプターに見えるかなあ?

IMG_4032.jpg

ちなみに後部に立っているカラフルな部分は息子作。
「やっぱり、うしろにもぷろぺらつけたほうがかっこいいよ」
とのことです。

2009_0715_jidoukan.jpg

これは去年の7月15日に、
同じブロックで息子がつくった作品です。
「ばす、ばす」
と嬉しそうに見せてきた姿、今も鮮明に覚えています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。