肥厚性幽門狭窄症で8ヶ月まで首がすわらなかった息子。今はすっかり元気に。以来、育児と趣味と節約を兼ねたものづくりの日々。元気いっぱいの息子と作ったいろんなものをご紹介!また、息子の病気の話や乳頭混乱克服の軌跡、育児ノウハウも発信中。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日は「メリーゴーランド」を紹介したいと思います。

つくったのは2010年4月30日(息子は2歳10ヶ月)。
最新からくりワールド工作図鑑」を見てつくりました。

☆用意するもの
厚紙(本では紙皿。カサの部分にする)
牛乳パック(本では画用紙。土台をつくる)
折り紙・包装紙など(カサや土台に貼る)
のり・ビニールテープ
ペン・画用紙(カサからさげるものを描く)

土台の部分は先っぽがとんがった形・・・三角錐か円錐の形につくります。
丈夫にするため、中にいらない紙を丸めたものをつめています。

IMG_3906.jpg

とりあえず、頑張って動物5匹描きました。
すると、「ぶーぶも!」と言い出した息子。
つくってあげようと思っていると・・・

IMG_3913.jpg

なんと自分でつくりはじめました。
ちょっとわかりにくいと思いますが、
白い紙2枚には、ピンクの色鉛筆で、
窓が描かれています。

しかし間もなくすると・・・

IMG_3908.jpg

楽な方法を発見。
しまじろうのDMについてきた
体験版の絵本を母に切り取らせ、
セロテープでぺたぺた。

さて。
カサのてっぺんのつまみをつまんで
コマのようにえいっとまわすと・・・

IMG_3909.jpg

くるくるくるくる!

動物たちと車をのせて、楽しそうにまわります。
息子もつくるのに参加。そして、遊ぶのもばっちり。

つくってよかった!
スポンサーサイト
本日紹介するのは、たこ糸レール。
教育テレビの「つくってあそぼ」でつくっていたものです。

作ったのは10月4日(息子は3歳3ヶ月)。

☆用意するもの
・たこ糸
・画用紙
・セロテープ
・クリップ

こちらが完成図。
ito_rail_1.jpg

番組では、テーブルに直接貼り付けていましたが、
片付けが大変になるので紙に貼り付けました。
でもそれだと、紙ごと引っ張られてしまうんですよね。
なんでそんな簡単なことに気付けなかったんだろう。
やっぱり私ってバカだなぁと思いつつ・・・

ito_rail_4.jpg
しかたないので一方はコタツの足でおさえ、

ito_rail_5.jpg
もう一方はジュウタンに洗濯バサミで止めて遊ぶことに。

トンネル入りまーす!
ito_rail_2.jpg
ガタンゴトン ガタンゴトン・・・

ito_rail_3.jpg
トンネル出まーす!

コタツと洗濯バサミのおかげでうまく走ってくれるようになり、
息子も楽しく遊ぶことができました。
よかったよかった・・・
 
私が運営するもう一つのブログ、「ゆかしかりしかど」の方で、
今年、早くも雪が降ったという記事を書きました。
まる一日降って、すっかり積もってしまい、
夜中と昼間、雪かきしました。

20101027_13.jpg
昼間の雪かきは息子も一緒。

で。
去年の雪はさらさらした雪ばかりで、雪だるまが作れなかったんです。
ところが今回の雪は、見事なベタ雪。
雪かきがひと段落したところで、息子と二人で雪だるまをつくったので、ご紹介。
つくったのは、2010年10月27日(息子は3歳4ヶ月)。

20101027_23.jpg
じゃーん。
大きさは、ちょうど息子の半分くらい。
雪だるまも完成したことだし、そろそろ部屋に戻ろうと思ったとき、
「この雪だるまさん、手がないよ。
 手がないとかわいそうだよ!」
という息子のダメ出し。

20101027_20.jpg
落ちていた枝を拾い、息子が雪だるまに手をつけてあげました。

20101027_24.jpg
ちょうどいい枝がなく、ちょっとやせっぽっちの腕になってしまいました。

なにはともあれ、今度こそ完成♪
・・・と思ったのですが、
「ぼうしは?バケツはないの?」
と息子。
「また明日にしよう。風邪ひいちゃうからね」
なんとか説得して、部屋に戻ることができました。
 
本日紹介するのは、牛乳パックでつくった「ぱくぱくカエル」と「ぱくぱく人形」。
教育テレビの「つくってあそぼ」でつくっていたものです。

作ったのは2010年10月1日(息子は3歳3ヶ月)。

☆用意するもの
・牛乳パック
・はさみ・色ペン

まず、牛乳パックの注ぎ口を切り取ります。
で、四つ角に切り込みを入れ、4面を外側に開き、絵を描きます。
pakupaku_kaeru_1.jpg
こんな感じ。

まずは、ぱくぱくカエルさん。
pakupaku_kaeru_2.jpg

pakupaku_kaeru_3.jpg

pakupaku_kaeru_2.jpg
かわいく、ぱくぱくしますね♪

続いて、ぱくぱく人形。
pakupaku_kaeru_5.jpg

pakupaku_kaeru_4.jpg

pakupaku_kaeru_5.jpg
何を話してるのか、気になるぱくぱくですね♪

牛乳パックは1個だけ。
しかも作業は切って絵を描くだけ。
そして作った後、楽しく遊べる。

とてもオススメな手づくりおもちゃ。

わくわくさん、いつもいつも素敵な工作をどうもありがとうございます!
 
以前、バッグ・クロージャーを紐通しとして使ってみたとき、
もう少したまったら、ヘビとか新幹線にしてしまおうと考えました。

で。
なかなかいい感じの量になったので、2010年10月22日、やっちゃいました。

☆用意するもの
大量のバッグ・クロージャー
ビニールテープ


まず、バッグ・クロージャーを重ねて、ビニールテープでとめます。
20101022_1.jpg
こんな感じ。
このとき、穴の形・大きさは同じものでつくった方が、
紐通しとしては使いやすいと思います。

また、ビニールテープを使うのは3面だけにします。
20101022_2.jpg
こんな感じ。

なぜかというと・・・
20101022_3.jpg
このように、写真立てとしても使えるからです。

ちなみに。
このペンギンの親子の絵は、小道記の方で紹介しています。(親子ペンギン

20101022_4.jpg
こうして見ると、かなりの量のバッグ・クロージャーですね。

で、そんな感じのモノを3つ作り、窓をつけ、紐を通してみました。
20101022_5.jpg
紐を通すのも、窓をつけるのも息子が手伝ってくれました。

20101022_6.jpg
なかなかしっかりしたつくりです。

20101022_7.jpg
「トンネルくぐります!」
息子は大喜び。

で。
喜びついでに、息子がさらなる活用法を発案。
20101022_8.jpg
じゃーん!
なんと、積み木として活用。
マンションをつくりました。

バッグ・クロージャーって、たくさんためると結構使えるものですね♪
あ、でもこんなにためる人もまず、いないか・・・

さて。
バッグ・クロージャーをこんなに集めることはできないけど、
「電車の紐通しのおもちゃはつくりたい!」 
という人は、こちら↓へ!
電車のひも通し」(びーちゃんの「手作りおもちゃで子育て」)
 
本日ご紹介するのはわっかの「いないいないばあ」。
つくったのは2010年4月28日(息子は2歳10ヶ月)。
教育テレビの「つくってあそぼ」を見ていたところ、
わくわくさんとゴロネが楽しそうにわっかの人形をつくっていて、
それを見ていた息子が 「なんか、あれつくりたくなっちゃった」と言ってきました。

☆用意するもの
画用紙
のりやセロテープ
太めのテープ(絵の保護として使う)

IMG_3897.jpg

いないいない・・・

IMG_3898.jpg 

ばあ!

セロテープを切ってくれたり、わっかにする方法を教えてくれたり。
息子も一生懸命、手伝っていました。
本日は、ブロックでつくったショベルカーと三輪車の紹介です。

つくったのは2010年3月27日(息子は2歳9ヶ月)。
今回使ったブロックはレゴブロック。
ショベルカー大好きな息子。
レゴブロックでも容赦なく要求してきます。

うちにあるのはレゴ 基本セット 基本ブロック(M) 5576(対象年齢4歳)と
レゴ 基本セット 青いバケツ (ブロックはずし付き) 7615(対象年齢5歳)。
基本ブロックは2歳の誕生日に、青いバケツは2歳半のクリスマスのときに与えてしまいました。
もちろん、誤飲には注意しないといけませんが、指先の訓練、想像力の育成、つくる楽しさの実感には大きく貢献してくれています。

☆用意するもの
レゴ基本セットの基本ブロックと青いバケツ

IMG_3702.jpg

やはり可動式でないといけないショベル。
1時間以上の試行錯誤の末、どうにか可動式に!

IMG_3705.jpg

ウィーンガシャン

ね、すごいでしょ?
母、頑張ったでしょ?

難点は壊れやすいこと。
30分後には跡形もなくなっていました。
(完成後すぐデジカメで撮影しておいてよかった・・・)

IMG_3726.jpg

こちらは同じ日の息子の作品。
「さんりんさつくったの」と言っていました。
本日紹介するのは、ティッシュペーパーの空き箱でつくった「くねくねダンス」。
教育テレビの「つくってあそぼ」でつくっていたものです。

作ったのは2010年10月8日(息子は3歳3ヶ月)。

☆用意するもの
・ティッシュペーパーの空き箱
・画用紙
・セロテープ

まず、ティッシュペーパーの空き箱の底を切り取り、
箱の上の部分の角4ヶ所に斜めに切り込みを入れ、開きます。
その開いた部分に頭・手・太鼓をつけます。
kunekune_1.jpg
こんな感じ。

それではさっそく、くねくねしてみましょう。
kunekune_2.jpg
くね ドン くね ドン くね ドン くね ドン くね ドン・・・

ドンというのは、実は太鼓の音。
厚紙でつくった太鼓が、ティッシュペーパーの空き箱の内側に当たって
いい感じの音が出るんです。

kunekune_3.jpg
くね ドン くね ドン くね ドン くね ドン くね ドン・・・

息子はいつになく真剣な面持ちですが、
油断すると太鼓が手より外側に出てしまうんですね。
最適な角度を保つのに、必死なんです。
 
表情は硬いですが、
「ね、このぼうし、かっこいいでしょ」
なんて言いながら、楽しんでましたよ♪ 
本日ご紹介するのは「風車」。
つくったのは2009年の夏(息子は2歳ちょっと)。
持つところは割り箸むき出しだと危ないので、はけなくなった靴下を4枚重ねてはめています。

☆用意するもの
牛乳パック
割り箸
ストロー
団子などの串
セロテープ・ビニールテープ

IMG_3720.jpg

よくまわります。
1ヶ月くらい、お散歩のたびに持ち歩いていたほどのお気に入り。
通りすがりのいろいろな人に、「いいの、持ってるねえ」と声をかけられ、得意げでした。

IMG_3732.jpg

余計についてるセロテープは、息子が「じぶんもつくる!」と言って、ぺたぺた貼ったものです。
 
今回は、牛乳パックでつくったコマの紹介です。

つくったのは2010年5月29日(息子は2歳11ヶ月)。
教育テレビの「つくってあそぼ」を見ていたところ、
わくわくさんとゴロリが
楽しそうにコマをつくっていて、
それを見ていた息子が
「あれつくったほうがいいんじゃない?」と言ってきました。

☆用意するもの
牛乳パック(底の部分のみ)
ストロー
セロテープ
ビニールテープ(コマの模様。絵や折り紙をはるのでもよい)

番組でやっていた通り、
牛乳パックの底を切り取り、
中心部分が軸となるよう、
×の線のところで折り目をしっかりとつけておく。
ストローは3cmくらいの長さに切り、
1cmほどの切り込みを入れて+の字のように開き、
牛乳パックにぺたりと貼る

IMG_4156.jpg

息子もストローをテープでとめたり、
模様のテープを貼るのを手伝ってくれました。

IMG_4157.jpg

本当によくまわります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。