肥厚性幽門狭窄症で8ヶ月まで首がすわらなかった息子。今はすっかり元気に。以来、育児と趣味と節約を兼ねたものづくりの日々。元気いっぱいの息子と作ったいろんなものをご紹介!また、息子の病気の話や乳頭混乱克服の軌跡、育児ノウハウも発信中。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
牛乳パックレジスター第2号
2010年5月につくった牛乳パックのレジスター。
なかなか遊べるのですが、
接続部分のテープがはがれてくるという不具合が。

そこで、2011年2月12日(息子は3歳8ヶ月)、
不具合をクリアする第2号を作成。

☆用意するもの
牛乳パック2個
ガムテープ・ビニールテープ・セロテープ

牛乳パックAはこんな感じに切ります。
20111212_01.jpg

牛乳パックBはこんな感じに切ります。
20111212_02.jpg

反対から見ると、こう。
20111212_03.jpg

参考までに、AとBと並べて撮影。
20111212_04.jpg

念のため、もう1枚。
20111212_05.jpg

ペラペラした部分は、コインが滑り落ちるスロープになります。
20111212_06.jpg
このスロープ部分を重ねて、二つの牛乳パックをくっつけます。

続いて、スロープの部分をテープでとめて固定します。
20111212_07.jpg
このとき、スロープ部分や、穴の部分が多少ずれると思います。
テープでとめながら、ハサミやカッターで切るなど、調整してください。

これでもう完成なのですが、
20111212_08.jpg
保護するためと、オシャレにするためとで、ビニールテープをはりました。

20111212_09.jpg
反対側からも撮影。

20111212_10.jpg
1号同様、折りたためます。

20111212_11.jpg
さっそく遊ぶ息子。

20111212_13.jpg
コインを入れると・・・

20111212_12.jpg
いい感じで滑り落ちていきます。

第1号よりずっとよくなりました☆
これから作る人は、ぜひこの第2号をお試しください♪


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
牛乳パックレジスター第1号
本日ご紹介するのは牛乳パックのレジスター。
つくったのは2010年5月10日(息子は2歳11ヶ月)。

いつも買い物に行くスーパーのセルフレジで、
バーコードを読み取ったり、
お金を投入したり、お釣りをとったり。
息子は楽しくお手伝いをしてくれます。
そして、家でもお買いものごっこが大好き。
いろいろな隙間をみつけては、
おもちゃのお金を投入。
それならばと、
牛乳パックでレジスターをつくってみることに。

☆用意するもの
牛乳パック2個
ガムテープ・ビニールテープ・セロテープ

IMG_3994.jpg

とりあえず牛乳パックむき出しの状態。

IMG_3995.jpg

裏はこう。

IMG_3997.jpg

上の穴にお客さんが代金を入れると、
お金は斜面を滑りおりて下の受け皿に入ります。
そこで店員さんが真ん中の穴にお釣りを入れると・・・

IMG_4001.jpg

下からお釣りが出てきます。

IMG_4007.jpg

遊び終わったら、たたんでしまえます。

見てくれを少しばかりよくしようと
ビニールテープ等、貼ってみましたが、
あまりいい見栄えにはなりませんでした。
残念。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。