肥厚性幽門狭窄症で8ヶ月まで首がすわらなかった息子。今はすっかり元気に。以来、育児と趣味と節約を兼ねたものづくりの日々。元気いっぱいの息子と作ったいろんなものをご紹介!また、息子の病気の話や乳頭混乱克服の軌跡、育児ノウハウも発信中。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、空き箱でつくった家を紹介します。
つくったのは2009年の秋ごろ(息子は2歳半くらい)。

私は幼稚園生の頃、空き箱でドールハウスを作って遊ぶのが大好きでした。
そこで息子も喜んでくれるんじゃないかと思い、作ることに。

で、問題となったのが材料とする空き箱を何にするか。

私が子どもの頃は、クリスマスや誕生日のケーキの空き箱を使っていました。
ケーキの箱って丈夫だし、きれいだし、ちょうどよい大きさなんですよね。

でも、思い立ったそのときには、ケーキの空き箱はありませんでした。
どうしようかなぁと考えあぐねていたときに目に付いたのは、カレーの空き箱。
10箱くらいはあったので、これを使うことに決定。

☆用意するもの
空き箱
セロテープ
のり
色紙・包装紙など

一度に作ったわけではなく、少しずつ手を加えていきました。
今後もまだまだ加工していくと思います。

house_01.jpg

トイレはトイレトレーニングの一環としてはじめから設置。
わりばしブランコに登場したミッキーがちょうど座れるようにつくってあります。

ちなみに裏はみるに堪えない感じですが・・・

house_04.jpg

1階のドア、1・2階の窓、カーポート部分が通り抜けできるようにしてあります。
カッターで切り抜いただけですが、その一手間をかけただけで、
ただの空き箱が見違えるほど遊べてしまう家と化します。

ところどころに無意味な感じのセロテープがはってありますが、
これは例によって息子の仕事。
「ここもちゃんととめておかないと、こわれちゃうよ」
と言って、ぺたぺた貼っていました。
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sukusukukusunoki.blog29.fc2.com/tb.php/136-3cdf8fb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。