肥厚性幽門狭窄症で8ヶ月まで首がすわらなかった息子。今はすっかり元気に。以来、育児と趣味と節約を兼ねたものづくりの日々。元気いっぱいの息子と作ったいろんなものをご紹介!また、息子の病気の話や乳頭混乱克服の軌跡、育児ノウハウも発信中。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は、作品紹介はお休みして、
新生児家庭訪問前後の話を書きたいと思います。
よろしくおつきあいください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
無料の新生児家庭訪問は、
経過報告の電話の6日後、7月の下旬にあった。

その6日の間に、
おっぱいを一回で65㏄飲んでくれたことが
一回だけあった。
単純な私は、
『電話の看護師さんのいう通り、
 おっぱいは大丈夫なのかもしれない』
そう思った。

ただ、新生児家庭訪問の前の二日間、
うんちが出なかったことは心配だった。
それまでで、一日出なかったことはたったの2回。
ほぼ毎日、うんちは出ていたのだ。
しかし、家庭訪問の直前。
大量のうんちが出て、安心した。

来てくれたのは 年配の看護師さんだった。
息子の体重は3605gになっていた。
電話での経過報告の前日と比べて170g増えたわけで、
一日当たり24gの増加である。
「順調に増えてますね」
看護師さんはそういったが、私は『あれ?』と思った。
ミルクの量を増やした直後は
一日当たり40g増えていたのに、
この一週間は一日24gしか増えていなかったのだ。
「ここのところ暑かったせいもあると思いますよ。
 それに体重が増えてくれば、その体重を維持するのにも
 カロリーを使いますから」
看護師さんはそう言った。

うんちが2日間出なかったことも話した。
すると、
「月齢があがってくると、まとめてするようになるんですよ」
と言われた。

生後1週間~1ヶ月」に記した気になることも話した。
そしてしこりのこと、ミルクの足し方についても確認した。
しかし、
「病院の方できちんと診てもらったわけですし、
 私がこう見ていても、とても元気な赤ちゃんです。
 心配いりませんよ。
 しこりは授乳中に、赤ちゃんの手やほっぺで
 ちょっと乳房を圧迫しただけでもできることがあります。
 なるべく触らせないで授乳するようにしてみてください。
 ミルクの足し方は、病院の指示通りにしてください。
 ほしがるようなら、もっとミルクをあげていいですよ」
と言われた。

『電話の看護師さんと同じことを言う。
 やっぱり、病院の看護師さんの言ったことは
 間違ってなかったのか』
私はそう思い込んだ。
そしてこの新生児家庭訪問で来た看護師さんの指示も
そのまま実行してしまった。

まず授乳のスタイルだが、
息子はいつもまるでしがみつくかのように、
痛いくらい乳房をギュッとつかんでいた。
そこで乳房を触らせないために、
タオルで息子の身体を腕ごとぐるぐる巻きにして
抱くようにした。

ミルクも指示通り足し続けた。

すると・・・
当然のことながら、おっぱいはどんどん
飲んでもらえなくなっていった。
一回に飲めるのは、20cc前後。
どんなによいときでも35cc~40ccだった。
それにともない、しこりもどんどん増えていった。

そして、そのしこりの増加に反して、
息子の体重の増えは悪くなる一方であった。

新生児家庭訪問のときに3605gだったが、
一週間後は3750g。
145gの増えで、一日あたり18gの増加。

2日後にまたはかると、3760g。
2日でたった10gしか増えていない。

その翌日は3775g。
1日で15gの増え。

うんちは4~5日に一度というリズムになった。

そして。
8月6日の朝5:00、
私のおっぱいはとうとう岩と化したのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
息子はギュッとされるのが嫌いです。
母としてはかわいさのあまり、
ギュッと抱きしめたくなるのが常ですが、
もうすぐ3歳になる今も、抱きしめると大声をはりあげ、
全力で逃げようとします。

そんな息子を、タオルでぐるぐる巻きにして
授乳をしていた。

右・左・右・左と5分ずつ、
計20分で切り上げる授乳も
息子はさぞかし不満だったでしょう。
しかしタオルでぐるぐる巻きにしての授乳は、
どれほどイヤだったことか。
おっぱいがイヤになるのも当然ですよね。

またこの頃、フットボール抱きでの授乳を
嫌がるようにもなっていました。
体勢がイヤだったのかもしれません。
フットボール抱きだとおっぱいがたくさん出てしまうので、
そんなに飲めないと言っていたのかもしれません。
どちらにせよ授乳というのは、時間もスタイルも、
赤ちゃんがのぞむ形でするのが一番だと思います。

息子が生後3ヶ月で乳頭混乱を起こしたとき、
日本ラクテーション・コンサルタント協会
(NPO法人)に参加している小児科医の先生に
「おっぱいさがし」という方法を教えていただきました。
赤ちゃんも自分も上半身裸になって、ゆったりとイスに座ります。
赤ちゃんの顔を自分の肩のところにくるように縦に抱っこします。
すると、不思議なことに赤ちゃんは自分からずりずりと動き出し、
乳首に吸い付くのです。


おっぱいを吸ってもらうことも大切ですが、
この「おっぱいさがし」はスキンシップにもなります。
うまくいかなくても無駄にはなりません。
ぜひ、お風呂上りにでも試してみてください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sukusukukusunoki.blog29.fc2.com/tb.php/58-fc91fbac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。