肥厚性幽門狭窄症で8ヶ月まで首がすわらなかった息子。今はすっかり元気に。以来、育児と趣味と節約を兼ねたものづくりの日々。元気いっぱいの息子と作ったいろんなものをご紹介!また、息子の病気の話や乳頭混乱克服の軌跡、育児ノウハウも発信中。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は、息子が筆で描いた絵の紹介です。

息子がはじめて絵筆を握ったのは、
今年の1月15日(息子は2歳7ヶ月)。
それまでにもペンや色鉛筆などでは
いろいろ描いていましたが、
絵筆を握らせてみたのはこれがはじめてでした。
義兄に頼まれて、私が絵を描いているのを見て、
案の定、自分もやりたいとせがんできた息子。
原案づくりの状態での失敗作を渡し、
絵筆を握らせてみました。

IMG_3905.jpg

結構几帳面に塗っています。

・・・で、次の作品はおよそ2ヶ月後、
3月15日(息子は2歳9ヶ月)の作品です。

私が公募展(示現会)用の作品制作に取り組んでいると、
案の定、自分も自分もとせがんできました。
そこで今度は小さめのではありますが、
キャンバスに描かせてみました。

IMG_3896.jpg

自由かつ大胆に描かれた見事な抽象画
しつこく練りこむようにキャンバスに塗りこまれた色が、
力強く繊細な味わいを見せています。

・・・というのは親バカすぎ?

主人に見せたら、やはり親バカで、
カンディンスキーよりいいんじゃないか?」
と言ってました。

ちなみに義兄に頼まれた私の絵は、
こちらで見ることができます。
小道記 プラネタリウム解説用のイラスト
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sukusukukusunoki.blog29.fc2.com/tb.php/70-aeb196bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。