肥厚性幽門狭窄症で8ヶ月まで首がすわらなかった息子。今はすっかり元気に。以来、育児と趣味と節約を兼ねたものづくりの日々。元気いっぱいの息子と作ったいろんなものをご紹介!また、息子の病気の話や乳頭混乱克服の軌跡、育児ノウハウも発信中。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日は、音の出るおもちゃのご紹介です。

まずは「ガラガラ」。
つくったのは5月11日(息子は2歳11ヶ月)。

バッグ・クロージャーの紐通し」でも書きましたが、
バッグ・クロージャーの使い道を模索する日々。
そんなある日、息子がつくってくれた
バッグ・クロージャー・タンバリン。
結構、楽しい音だったので
ガラガラにもいいのではないかと考えました。

で。
かなり前につくった空き容器のガラガラの中身を
バッグ・クロージャーにかえてみました。

☆用意するもの
バッグ・クロージャー(5個くらい)
空き容器
(バッグ・クロージャーが入ればよい。
 うちは、焼酎の空き容器。
 おしぼり入れとしても使用できるすぐれもの)

IMG_4023.jpg

ごめんなさい。
ピンぼけになっちゃいました。

でも、想像通り楽しい音が出ました。

IMG_3988.jpg

ちなみにこれまでは、おもちゃの破片やらなんやら、
いずれ使えるかもとおもったものを、
保管ついでにいれてました。
バッグ・クロージャーもしっかりひとつ、
入れてましたね(笑)。

IMG_3987.jpg

ペットボトルでつくっている人が
多いと思われる小豆のガラガラですが、
私は薬の空き容器でつくりました。
たしか、息子が1歳半くらいのときです。

IMG_3986.jpg

小さい頃ほど、市販のガラガラより、
こうした空き容器のガラガラの方がいいと思います。

あちこちぶつける心配もありませんし、
フタもめったなことじゃ開けられないでしょうし。

(でも一応、フタのところはビニールテープで
 ぐるぐるとしっかりまいておいてくださいね)

さて。
次にご紹介するのは息子作の打楽器。
つくったのは5月15日(息子は2歳11ヶ月)。

以前「コロコロ」をつくりましたが、
足の部分をラップ芯にかえるという改良をしました。
そのため、不要となったかつてのコロコロの足。
例によって捨てられずにとっておいたのですが、
息子が再利用してくれました。

IMG_4081.jpg

ジャーン。

ストローとわりばしを台所から自分でとってきて、
作り上げたのがこれです。

コロコロの足の先端にストローを1本、
中央部分に3本ぶらさげたものを
わりばしでたたいて音を鳴らします。

IMG_4080.jpg

こちらが演奏中。
ノリノリでポニョを歌いながらの見事な演奏でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sukusukukusunoki.blog29.fc2.com/tb.php/85-fe6647a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。